« ワンコが今日くるっ! | トップページ | 犬を室内飼いするデメリット »

こんにちは、わんちゃん。

 
17時25分。
羽田空港に到着した私は、ここ数年で最高の緊張をもって、
「ANA CARGO」カウンターのある西貨物停留所ゆきの循環バスを待っていた。
人ならぬ犬は、航空会社の定義によると「貨物」である。

ほんの数分前に、今日から我が子になる「彼」は、大阪伊丹空港より
約1時間のフライトを終えて、遠く東京の地に運ばれてきたはずだった。
羽田空港到着ロビー階にあるバスターミナルで、
小さな小さな身体ではじめての空旅を経験させられた、
小さな小さな命の無事を、ひたすらに願う。


「里親を募集しています」
偶然たどりついたブログには、そっけない説明と、3枚の写真。
ポメラニアンとプードルとパピヨンと日本犬をごっちゃに混ぜたようなその
むく毛の牡犬は、驚いたことに、満面の笑みを浮かべていた。
しかも、しっかりとしたカメラ目線である。

私は食い入るようにその笑顔を見つめたあと、すぐにブログの主にメールを送り、
次の週には「彼」とのお見合いに出かけていた。片道4時間半をかけて。

値段のついていない雑種犬のために、往復3万円以上の金額を使って、
ほんの15分の面会をする。
酔狂とは思わない。
犬を探していたここ数ヶ月、ネットの海で何百頭もの犬の写真を目にしたのに、
彼だけが私にアクションを起こさせた。呼び寄せられたとしか思えなかった。


新大阪からさらに地下鉄と私鉄を乗り継ぎ、1時間以上かけてたどりついた場所で
彼に対面した私は、自分の直感に感謝した。
手がかりはたった3枚の写真だけ。徒労に終わっても仕方がないと自分に
言い聞かせていたのに、そこにいたのは写真のままの、満面の笑顔の子!
「この子、笑ってますね」
彼を育てている仮親の方にそう言うと、
「え、そうですか?」
怪訝な顔をされる。
私には、ニコニコと人なつこそうに笑っているようにしか見えない顔。
まったくの気のせい、都合のいい勘違いなのかもしれない。それでも。

「ウチの子になるか?」

彼は私の膝にそっと手をかけると、差し出した手を丁寧に舐めた。


彼の体調と、我が家の受け入れ準備が整ったことをメールで確認しあい、
正式に彼が輸送されてくる日取りが決まってから、私はずっとずっと
落ち着かない日々を過ごしていた。
ああでもない、こうでもないと名前を考え、ドッグベッドやおもちゃを
吟味しながら買いそろえて。
あと4日。あと3日。あと2日・・・。
どれだけ今日を楽しみにしてきたことだろう。


ようやくやってきた循環バスで西貨物に着く。
そこはトラックだけがごうごうと行き交う灰色じみた殺風景な場所だった。
すっかり暗い。
轟音を立てながら通過するヘッドライトに、ぎらり、ぎらりと照らされるたびに
不安が降り積もってくる。

ゲートで身分証明書を提示し、名前と連絡先を簡単に記入。
トラックにこづき回されるようにしてたどり着いたANAのカウンターは、
小さな事務所のような佇まいで、ただガランとしていた。
人間の乗り降りする、あの、キラキラした暖かい空港とここは、
なんて違いなんだろう。


狭いケージに押し込められて、貨物として積まれて。
生まれて初めての爆音、それに次ぐGの洗礼、そして絶え間ない揺れ。
理不尽な暴力にさらされ続けるような1時間のあと、殺風景な集荷場に
並べられている、彼。


わかっている。私のわがままだ。
私が勝手に一目惚れをし、勝手に大阪から呼び寄せた。


無機質なカウンターで簡単な受け取りの手続きをしながら、
小さな身体にあり得ない無理をさせたことが、ただただ申し訳なくて、
私の緊張はひたすら高まっていく。
無事でいてくれ。無事でいてくれ。

お願いだから、無事で。 頼む。


「お待たせいたしました、若崎様。
A様からお受け取りのわんちゃんで、お間違いないですね」


カウンターに走り寄る。
台に置かれたケージは静まりかえったまま。クンとも鳴かない。どうした?

一瞬の不安のあと、哺乳動物の動き回る確かな気配。
プラスチックのケージが振動をはじめる。ゴトゴトゴト。
そして、ケージの扉の格子からチョコンと飛び出してきた、ピンクの鼻がしら。


無事だ! 無事だ!!


扉をあけて、かわいそうに、少し吐いたあとのある身体をやさしく抱っこする。
そこに人間以外の生き物がいるというだけで、殺風景な空間がとたんに
色づいてくる不思議。無表情に手続きをしていた職員がにっこり笑う。
そういえば「わんちゃん」っていってたな。「犬」とは言わないんだ。
まあ、「お荷物」みたいに「お犬」っていうのも変だしね。今さら気がついて、
妙におかしくなる。


必死にしがみついてくる背中を何度も何度も、何度もなでて。


なでているうちに、頭のてっぺんの毛だけが黒いことに初めて気がついた。
なんだか河童みたい。河童、河童といえば、『河童のクゥと夏休み』っていう
アニメ映画があったな。内容は知らないけれど、ひらめいたのも何かの縁だ、
王子はきっと反対しないに違いない。

うん。 決めた。




「うちに帰ろう、クゥちゃん」




命名、クゥ太郎。

ようこそいらっしゃい、そして、末永くよろしくどうぞ。






家族が、増えました。





Photo_2_09_13_34_02



« ワンコが今日くるっ! | トップページ | 犬を室内飼いするデメリット »

11_犬暮らし」カテゴリの記事

2011年の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64666/50825331

この記事へのトラックバック一覧です: こんにちは、わんちゃん。:

« ワンコが今日くるっ! | トップページ | 犬を室内飼いするデメリット »

プロフィール

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ



最近のトラックバック

カウンター

無料ブログはココログ